クレジットカードの旅行保険を比較!補償内容や検討するポイントを紹介

未分類

出張や旅行の際、クレジットカードの保険を当てにする方も多いですよね。
保険を備えたクレジットカードがあれば、旅行中にトラブルがあっても補償を受けられるので安心です!

ただ、クレジットカードの保険は、補償内容や適用条件が細かく分かれており、用途に合ったクレジットカードを比較して選らばないと、上手く活用できないことがあります。

そのため、保険を重視してクレジットカードを選びたい方は、補償内容などしっかり比較することが大切!

そこで今回は、クレジットカードの保険をどう比較すれば良いか解説します。
補償内容だけでなく、最後にはおすすめの旅行保険を備えたクレジットカードも紹介するので、ぜひご覧ください!

どこの場所で使えるのか確認しよう!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードの保険を比較する際、まずは以下の項目を比較しましょう。

  • 海外旅行のときに保険が適用されるクレジットカード
  • 国内旅行のときに保険が適用されるクレジットカード
  • 国内外と関係なく保険が適用されるクレジットカード
  • 国内外と関係なく保険が適用されないクレジットカード

クレジットカードの旅行保険は、大きく分けて上記の4つに分けられます。
そのため、あなたの利用用途に合わせてクレジットカードを比較するのが大切になります。

例えば、国内旅行が好きなのに、国内旅行保険が付いていないのでは意味がありませんよね?
そういった問題を避けるためにも、まずはクレジットカードの旅行保険が上記のどのタイプなのかを比較するところから始めましょう。

海外旅行保険の補償内容を徹底比較!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードの海外旅行保険における補償内容は、以下の通り。

  • 傷害死亡 / 後遺障害
  • 傷害治療 / 疾病治療
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 航空機遅延費用
  • 航空機寄託手荷物遅延費用
  • 救援者費用

海外旅行保険を比較するときは「傷害治療/疾病治療」の補償額を比較するのが大切。
なぜなら、海外旅行において1番重要且つ利用する確率が高いのが「傷害治療/疾病治療」だからです。

クレジットカードの公式サイトや紹介サイトでは、よく「最高補償〇〇円」という文言を見かけますが、これは主に「傷害死亡/後遺障害」を指しているので、しっかり「傷害治療/疾病治療」を比較しましょう。

海外旅行保険では、コールセンターに連絡することで日本対応可能な医療機関を紹介してもらえます。
英語や現地語が離せない方は、こうしたサービスもあるかどうか比較しておくよ良いでしょう。

国内旅行保険の補償内容を徹底比較!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードの国内旅行保険における補償内容は、以下の通り。

  • 死亡補償 / 後遺障害
  • 入院費 / 通院費
  • その他

国内旅行保険は、海外旅行保険と比較して補償内容は少なめです。

気を付けることは、「補償期間が何日までなのか」ということ。
例えば、クレジットカードによっては入院費用を最大90日まで補償というものもあれば、120日というクレジットカードもあります。

このように、補償額だけでなく補償期間に違いがあるので、そちらも比較できると尚良いですね!

利用付帯か自動付帯を確認しよう!

旅行保険の内容を比較

上記の比較が終わったら、次に比較すべきは「利用付帯」か「自動付帯」かということ。
利用付帯と自動付帯の違いは、以下の通り。

  • 利用付帯
    • ツアー代金や旅行中における交通費などの支払いを、クレジットカードで行うことが保険の適用条件。
  • 自動付帯
    • 特になし。
      クレジットカードを持っていればOK。

要は「保険を利用するのに条件があるかどうか」ということです。

利用付帯のクレジットカードは、うっかり支払いを忘れると保険が適用されません。
そのため、クレジットカードの保険を比較するなら、できれば自動付帯のものを選ぶようにするのがおすすめです!

ショッピングガード保険(動産総合保険)を確認しよう!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードには「ショッピングガード保険」がついていることが多いです。
正式名称は「動産総合保険」で、クレジットカード会社によって「ショッピング・プロテクション」「ショッピング安心保険」などの名称が使われることもあります。

ショッピングガード保険とは、クレジットカードで購入した商品が「破損・盗難・火災」などの被害に遭った際、購入から一定の期間(60日~1年間)であれば補償してもらえるサービス。

現金決済では、こうした補償は受けられない商品もあります。
そのため、クレジットカードで支払いができるなら、クレジットカードで購入する方がお得です。

注意しなければいけないのは、全ての購入商品が補償対象ではないこと。
対象外の商品については、各クレジットカードの公式サイトに記載されているので、規約を確認してみましょう。

紛失や盗難における補償も確認しよう!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードには、旅行保険の他にも「盗難保険」が付いています。

こちらは、紛失・盗難・偽造・スキミングなどによってクレジットカードが不正利用されても、所定の手続きを行えば損害を補償してもらえる保険。

現金と違いクレジットカードにはこうした保険が備わっているので、無くしてもかえって損害が少なくて済みます!

ただ、クレジットカードの暗証番号を書いたメモも一緒に無くすなど、不正利用の原因が会員に落ち度があるため起きた場合、被害の補償はされないことがあるので注意しましょう。

クレジットカード会員限定で加入できる補償も確認しよう!

旅行保険の内容を比較

クレジットカードの中には、会員限定で利用できる有料オプションの保険を備えているものもあります。

例えば、セゾン系のクレジットカード会員は「Super Value Plus」というサービスを利用可能。
日常生活の賠償責任補償や入院補償といった保険に、安価な価格で加入できます。

これは、発行会社が契約者となっている団体保険というもので、必要な保険を選んで加入できるのがメリットです!

補償内容が充実したおすすめのクレジットカード!

旅行保険の内容を比較

優れた旅行保険を持つクレジットカードは、エポスカードです!

エポスカードは、海外旅行保険を比較するうえで重要な「傷害治療/疾病治療」が、それぞれ最大200万円と最大270万円備わったクレジットカード。
しかも、エポスカードの海外旅行保険は「自動付帯」なので、条件なく適用されるというメリットがあります!

他にも、賠償責任や携行品損害も備わっていたり、緊急医療アシスタンスサービスを利用して現地の医療施設を紹介してもらえたりできるので、旅行保険を実際に使う際でも安心です。

これだけ充実した海外旅行保険を備えていながら、エポスカードは年会費無料で利用可能。
年会費無料×自動付帯という持ってきたいクレジットカードなので、ぜひ1枚検討してみてください!

日常で使うクレジットカードも比較してみよう!

旅行保険の内容を比較

以上、旅行保険が充実したクレジットカード徹底比較でした!

エポスカードは、旅行保険に強いクレジットカードです。
しかし、日々の買い物に使うなら、他のクレジットカードの方がおすすめかも知れません。

もし日常でもクレジットカードを使いたい方は、こちらの記事を参考にしてみては?
数枚のクレジットカードを比較し、厳選したものを紹介しているので、ぜひご覧ください!

他のクレジットカードを比較する

タイトルとURLをコピーしました