デビットカードのおすすめを徹底比較!クレジットカードとは何が違う?

未分類

おすすめのデビットカードを徹底比較!

クレジットカードに代わる決済ツールとして人気のデビットカード。
このデビットカードを、作ろうか検討している方も居るかと思います。

ただ、実のところデビットカードとクレジットカードを比較するもどちらが良いか分からず、決め悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、デビットカードとクレジットカードの違いを比較すると共に、比較したうえでおすすめのデビットカードを紹介します!

この比較結果を鑑みて、ぜひあなたに合った1枚を選んでみてください。

デビットカードとは?

デビットカードとは、紐づけた預金口座が即時決済を行う支払いツール。

デビットカードを契約するときは、利用者の預金口座を紐づける紐づける必要があります。
そして、決済でデビットカードを使うと、その預金口座が決済額分がすぐに引き落とされるという仕組みです。

デビットカードはその仕組み上、預金口座にお金が無くては買い物ができません。
例えば、口座に10,000円が預金されているのなら、10,001円以上の会計は行えないということです。

もしデビットカードを利用する場合、この点に注意するようにしましょう!

クレジットカードとの違いを徹底比較!

クレジットカードとの違いは何なのでしょうか?
比較してみると、クレジットカードと最も違うのは決済方法です。

上述した通り、デビットカードは会計と同時に預金口座からお金を支払う仕組み。
しかし、クレジットカード決済では、預金口座の引き落としが返済日に行われるため、この差に違いがあります。

また、クレジットカードには作成時に審査があるのに対し、デビットカードにはありません。
年齢制限も比較してみると、クレジットカードは最低18歳以上であるのに対し、デビットカードは16歳以上なので、早い段階で作れるという特徴があります。

その他も比較すると細かい違いはありますが、大きい違いは上記の3点。
クレジットカードとデビットカードのどちらを作るか迷っている方は、この違いを比較してみると良いでしょう。

利用するメリットとデメリットとは?

デビットカードの利用にも、メリットとデメリットがあります。

ここでは、それらをクレジットカードと比較しながら紹介するのでご覧ください!

メリット

メリットを比較すると、審査が簡単ということが分かります。

上述したように、デビットカードを作る際に審査は行われません。
そのため、年齢制限さえ満たしていれば、デビットカードは誰でも作れます!

クレジットカードの場合、クレヒスに傷があったり借金を抱えていたりすると、審査に落ちることがあります。
そういった方でもデビットカードは確実に作れるので、審査に落ちるかも知れない方は、デビットカードを検討すると良いでしょう。

デメリット

逆にデメリットは、クレジットカードと比較して付帯サービスが少ないこと。

クレジットカードには、ポイント還元サービスを始め、保険や優待特典、コンシェルジュや空港ラウンジなど、様々なサービスが備わっています。
しかしデビットカードは、ポイント還元サービスを備えているものが数枚あるといった程度。

そのため、付帯サービスの数を比較したときに物足りなさを感じる方は、クレジットカードの方が良いでしょう。

おすすめのデビットカードを紹介!

おすすめのデビットカードは、GMOあおぞら銀行デビットカード!
こちらがおすすめの理由は、デビットカードなのに還元率が非常に高いからです。

一般的なデビットカードは、還元率が0.3%程度、もしくは備わっていないことが多いのですが、このデビットカードは常時0.6%もあり、業界最高水準となっています。

そのうえ、簡単な条件を達成すると還元率は最大1.5%にアップするため、クレジットカード以上の還元率を実現することもできます!

デビットカードなので、審査は当然ながらなし。
年会費・発行手数料共に無料なので、コストも一切掛かりません!

もしデビットカードを探しているなら、これ以上のものはそう無いでしょう。
ぜひ、GMOあおぞらデビットカードを検討してみてください!

クレジットカードも1枚は持っておこう!

デビットカードは便利な決済ツールですが、その仕組みゆえ決済できないことがあります。

そのとき、他の決済手段が何もないのでは不安なので、クレジットカードを持っておくことをおすすめします。

幸いにも、年会費無料のクレジットカードも存在しています。
負担なく財布に入れて置けるクレジットカードをこちらで紹介しているので、ぜひご覧ください!

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました