クレジットカードの保険を徹底比較!利用付帯と自動付帯はどう違う?

未分類

クレジットカードには、旅行保険を備えているものがあります。
この旅行保険ですが、クレジットカードには「利用付帯」と「自動付帯」という2つのタイプがあることをご存知ですか?

海外旅行をするときなど、クレジットカードの旅行保険を当てにされる方も多いでしょう。
そのとき、クレジットカードの旅行保険が利用付帯か自動付帯か比較するのはとても大事!

比較したうえで結論を言うと、クレジットカードの旅行保険は、利用付帯より自動付帯がおすすめです。
以下では、利用付帯と自動付帯の比較結果を解説すると共に、旅行保険が自動付帯のクレジットカードを紹介します。

徹底比較!利用付帯と自動付帯の違いとは?

利用付帯との比較

クレジットカードの旅行保険を比較すると、2つのタイプがあることが分かります。

1つが「利用付帯」というもので、旅行の渡航費(ツアー代金や出国前に利用した公共交通機関の費用含む)を、クレジットカードで支払うことが保険適用の条件。

例えば楽天カードの場合、日本出国前に「自宅から出発空港までの交通費」または「海外旅行代金(ツアー旅行の費用)」を楽天カードで支払うことで保険が適用されます。

参照サイト:海外旅行傷害保険|楽天カード

利用付帯の条件はクレジットカードによって異なるので、事前によく比較してください。
もし分からなければ、利用付帯の条件をコールセンターに問い合わせましょう!

利用付帯に対し「自動付帯」は、クレジットカードを持つだけで旅行保険が適用。
携帯せずとも保険適用のクレジットカードもありますが、携帯していれば現地で万が一のことがあっても連絡先や必要な情報(カード番号など)が分かるので安心です。

ちなみに、トラブル内容にもよりますが、クレジットカードを複数枚持っている場合、旅行保険の補償は合算可能。
ただ、利用付帯だと全てのクレジットカードで条件を達成するのは事実上不可能です。

それと比較して自動付帯は、条件適用の手間がないうえ合算もできるので、利用付帯よりも比較的おすすめです!

保険を合算するときの注意点とは?

利用付帯との比較結果

複数枚のクレジットカードを持つ場合、それぞれの補償を合算して受けられます。
ただ、必ずしも合算される訳ではないので、補償額の合算を考えている方は計画的に進めないといけません。

例えば、傷害による死亡や後遺障害においては補償が合算されず、全クレジットカードの中で最も保険金額が高いものを上限とします。
クレジットカードAの保険金額が500万円、クレジットカードBの保険金額が1,000万円なら、1,500万円ではなく1000万円が上限ということです。

その他の補償(治療費用・賠償責任・携行品損害・救援者費用等)は、全クレジットカードの保険金額が合算され、その金額が上限になります。
例えば、クレジットカードAの保険金額が100万円、クレジットカードBの保険金額が200万円なら、上限は300万円となり、実際の損害額が各社で按分して支払われます。

この考え方は、クレジットカードだけでなく、損害保険会社が販売する旅行保険との組み合わせでも同じ扱い。
なお、同じ会社が発行するクレジットカードを2枚以上持っていても、それらの補償は合算されないので注意してください。

旅行保険がおすすめのクレジットカードを紹介!

利用付帯との比較

旅行保険の種類や補償額は、クレジットカードによって異なります。
そのうえ、クレジットカードの年会費なども比較すると、同じものはほぼ無いと言っても良いでしょう。

そんな旅行保険を比較して、最適な1枚を探すのは大変ですよね?
そこで、ここでは旅行保険を比較し、おすすめのクレジットカードを紹介します!

旅行保険で迷ったら、紹介するクレジットカードを選んでみてください。

エポスカード

利用付帯との比較

  • 年会費:永年無料
  • 申請条件:18歳以上の方 (高校生不可)
  • ブランド:VISA

旅行保険がおすすめのクレジットカード、1枚目は「エポスカード」です。
こちらのクレジットカードは、年会費無料ながら海外旅行保険が充実していること!

傷害死亡や後遺障害の補償は、最高500万円と一般的な水準です。
しかし、傷害治療は最高200万円、疾病治療は最高270万円と、他のクレジットカードと比較して高額な設定になっています!

そのうえ、これらの旅行保険が「自動付帯」で受けられるので、合算にも使用可能。
自動付帯に加え年会費無料なので、旅行や出張で海外へ頻繁にい行かれる方は、持っておきたいクレジットカードです。

他にも、エポスカードには「緊急医療アシスタンスサービス」というサービスが付帯。
こちらを活用すれば、海外で怪我や病気になっても現地の医療施設を紹介してもらえるうえ、キャッシュレスで医療を受けられます。

年会費が0円の中では、旅行保険がとにかく優れたクレジットカード。
1枚持っておけば安心して旅行ができるので、ぜひ検討してみてください!

REXカード

利用付帯との比較

  • 年会費:永年無料
  • 申請条件:電話連絡ができる18歳以上の方 (高校生不可)
  • ブランド:VISA / Mastercard

旅行保険がおすすめのクレジットカード、2枚目は「REXカード」です。

こちらも、エポスカードと同じく海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード(国内旅行保険は利用付帯)。
傷害死亡と後遺障害はいずれも最高2000万円、病気や怪我の治療費は最高200万円と補償が充実しています!

アシスタンスサービスを利用すれば、現地で怪我や病気になっても、必要に応じて医療施設への移送や医薬品類の手配をしてもらえます。

これだけ充実した保険サービスを持ちながらも年会費は無料です。
エポスカードと合わせ、こちらも1枚持っておくことをおすすめします!

利用付帯と自動付帯にも知っておきたい旅行保険の常識!

利用付帯との比較

クレジットカードの保険を比較するときは、利用付帯と自動付帯の違いは必ず確認しましょう。

利用付帯は、年会費無料だったり一般ランクのクレジットカードに多いです。
そのため、利用付帯よりも自動付帯が良ければ、ランクの高いクレジットカードか、上記で紹介したクレジットカードを比較すると良いでしょう。

クレジットカードの保険は、利用付帯と自動付帯の違い以外にも、比較すべきことが色々あります。
そういった情報をこちらのページで紹介しているので、ぜひご覧ください!

クレジットカードの基礎知識

タイトルとURLをコピーしました