セキュリティを徹底比較!クレジットカードの安全性は大丈夫?

未分類

クレジットカードのセキュリティを比較しよう!

年間、クレジットカードはどれくらい不正利用されているかご存知ですか?

一般社団法人日本クレジット協会によると、クレジットカード会社45社を対象に調査をしたところ、平成29年におけるクレジットカードの不正使用による被害総額は236.4億円だったそうです。

参照サイト:クレジットカード不正使用被害の集計結果について|一般社団法人日本クレジット協会

このような不正利用の話を聞くと「クレジットカードを使わない方が良いのでは?」と思う方も居ることでしょう。
しかし、クレジットカードもセキュリティ対策を強化しているので、過剰に不安がる必要はありません。

今回は、クレジットカードのセキュリティを比較し、どのような対策が行わているか解説します!
また、セキュリティが施されたクレジットカードを比較し、おすすめを紹介するのでご覧ください。

不正利用に対する補償が備わっている!

セキュリティ比較

通常、クレジットカードには不正利用による被害を補償する保険がついています。
そのため、被害に遭っても適切な対応をすれば、利用者に負担は生じません。

ただし、以下のようなケースでは補償されないことがあります。

  • 暗証番号を利用したうえで不正利用された
  • クレジットカードの裏面に署名がなかった
  • 警察へ被害届を出していなかった
  • 利用者の家族が不正利用した
  • 補償期間を過ぎていた

要は、利用者側に過失があると、しかるべき補償を受けられなくなる可能性があるという訳です。
そのため、クレジットカードを利用するなら、次に説明するような対策もきちんと比較しておきましょう。

自身で行える不正利用対策とは?

セキュリティ比較

クレジットカードを利用するうえで、セキュリティを高めることは非常に大事。
あなたが行える不正利用対策もあるので、被害を未然に防ぐためにもセキュリティ対策は行いましょう。

行うべきセキュリティ対策は、以下の通り。

  • 利用明細を毎月確認する
  • 本人認証サービスへ登録する
  • 推測されやすい暗証番号を設定しない
  • 暗証番号を記入したメモを保管しない
  • 不正利用に気づいたら適切な手順を取る
  • クレジットカードの署名欄にサインをする
  • 怪しげなサイトを利用しない(出会い系やアダルトサイト)

ネットショッピングをするときは「SSL化」というセキュリティ対策をされているか確認しましょう。

SSL化の確認は簡単で、WebサイトのURLが「https」だったら対策済みで「http」だったら未対策。
このSSL化を行っていないサイトでは、クレジットカード情報を入力するのは止めましょう。

またセキュリティ対策として、本人認証サービス(3Dセキュア)の登録は行うべき。

本人認証サービスとは、クレジットカードを第3者に使われないためのセキュリティ対策。
事前に「あなたしか知らないパスワード」を登録することで、なりすまし対策を行えます。

こうしたセキュリティ対策を行えば、不正利用は比較的防げるので、クレジットカードを保有する際は試してみてください!

ICチップ搭載か必ず比較しよう!

セキュリティ比較

最近は、券面にICチップを搭載したクレジットカードが比較的増えています。

ICチップ付帯のクレジットカードは、従来の磁気ストライプ型のものと比較して偽造が難しく、スキミング被害を抑えてくれます。

そのため、セキュリティに不安がある方は、ICチップ搭載のクレジットカードを使うと良いでしょう。

セキュリティに強いクレジットカード徹底比較!

比較結果を紹介!

ここでは、セキュリティ対策が施されているクレジットカードを紹介します。

各社のセキュリティ対策を比較し、おすすめのクレジットカードを紹介するので、ぜひご覧ください!

三井住友

セキュリティ比較結果

三井住友では、希望すればクレジットカードの券面裏に名義人の顔写真を掲載可能。
顔写真が利用者と一致しなければクレジットカードは使えないため、不正利用を防げます。

顔写真を希望しても、年会費は通常のクレジットカードを変わりません。
なので、セキュリティ面を考えて顔写真付きのクレジットカードを作る方がおすすめです。

また三井住友では、24時間365日体制で「不正使用検知システム」を実行中。
そのうえ、紛失や盗難における補償も用意されているので、セキュリティ対策は万全です!

楽天カード

セキュリティ比較結果

楽天カードには、カード決済をするとメールが届くシステムを導入しています。
これを利用すれば、自分が決済をしていないのにメールが届いた場合、すぐに不正利用だと察知できます!

このシステムは、決済情報が店舗から楽天に届いた後、最短2日でメールが届きます。
「速報版」にも登録すれば、楽天カードの利用可否等の照会が行われてから最短で翌日に届きます。

いずれも無料で利用できるので、セキュリティ対策として登録しておきましょう!

楽天カードには、他にも「ネット不正あんしん制度」や「カード盗難保険」などが導入されています。
不正利用に気付いたときは「紛失・盗難専用ダイヤル」に早めに連絡しましょう。

さぁ、クレジットカードを使い始めよう!

セキュリティ比較のまとめ

最新のクレジットカードは、最新ゆえにセキュリティ関連も万全に備えています。
また、もしも不正利用にあっても、それを補償する保険が備わっているので、クレジットカードは安全に使えます。

そんなクレジットカードについて、当サイトでは何枚かのクレジットカードを比較し、おすすめのものだけを紹介しています!

こちらで、それらを確認できるので、ぜひ検討してみてください。

おすすめのクレジットカード

タイトルとURLをコピーしました