1000種類を超えるクレジットカードの数々!その違いや比較方法とは?

未分類

クレジットカードは、国内だけでも1,000種類を超える数が発行されていることをご存知ですか?
発行会社・サービス・国際ブランド・ランクなど、ひと口にクレジットカードといっても種類毎に備えている性能は違うのです。

これだけの種類が発行されているとなると、クレジットカード初心者の方は、どれが自分に最適な1枚なのかが分からないですよね?

そこで今回は、クレジットカードにはどのような種類があるか、比較しながら解説していきます。
また、初心者の方はクレジットカードのどこを比較すれば良いかも紹介するので、クレジットカードを選ぶときに比較内容を参考にしてみてください!

「発行会社」による違い

クレジットカードは、発行会社の営む事業により、主に以下のような種類に分けて比較します。

銀行系 銀行またはその銀行の属するグループ会社が発行するクレジットカード。
りそな銀行発行の「りそなカード」、住信SBIネット銀行発行の「ミライノカード」などが、その例です。
銀行系クレジットカードには、キャッシュカード一体型のものを作れるメリットがあります。
流通系 大手百貨店やスーパー、ネット通販会社が発行しているクレジットカード。
「イオンカード」「楽天カード」「Amazon Mastercardクラシック」などが、その例です。
流通系クレジットカードには年会費無料のものや、発行元の店舗で買い物をするとお得なサービスを受けられるメリットがあります。
交通系 鉄道会社や航空会社、またはそのグループ会社が発行するクレジットカード。
「ビューカード」や「ANAカード」などが、その例です。
交通系クレジットカードは、その交通手段や関連施設で利用すると、ポイントを多く貰えるなどのメリットがあります。
信販系 クレジットカードの発行や管理を、主な事業とする会社のクレジットカード。
「ライフカード」や「ニコスカード」などが、その例です。
信販系クレジットカードは数がとても多く、共通した特徴を挙げるのがやや難しいです。

クレジットカードは、上記のような比較ができます。

こうした分類は元々便宜上のものに過ぎないので、◯◯系という言葉から連想されるイメージから、大まかな違いを掴むのに役立ててください。

「ランク」による違い

クレジットカードは、ランクの種類による比較もできます。
ランクは「一般・ゴールド・プラチナ・ブラック」といったものが主な種類。

例えば、アメックスのクレジットカードは、この種類の順番でそれぞれクレジットカードが用意されています。

このランクは、上になるほど機能性やステータスが高いですが、年会費も高くなるので、費用対効果を比較してどの種類にするか決めると良いでしょう。

ただし、ブラックランクは基本的に発行会社から招待がない限りは作れません。
そのため、最終的に持ちたいという方以外は、比較する種類から外してしまって良いでしょう。

「国際ブランド」による違い

クレジットカードは、国際ブランドの種類でも比較することが大切です。

国際ブランドとは、決済機能を提供している会社のことを指します。
クレジットカードを発行している会社のことではないので、ご注意ください。

国際ブランドの種類は、世界5大ブランドと呼ばれる「VISA・Mastercard・JCB・American Express・Diners Club」の他、歴史の浅い「UNION Pay(銀聯)」「Discover」があります。

日本国内での利用なら「VISA・Mastercard・JCB」の種類を比較しておけば問題ありません。
しかし、海外でも利用される方は「現地での加盟店が多い国際ブランド」を比較しましょう。

どの種類にすべきか分からなければ、世界でのシェア率を比較したとき最も多い「VISA」か、比較結果の2位である「Mastercard」の2種類から選ぶと良いでしょう。

同じクレジットカードでも異なる種類のものがある!

発行会社には、様々な種類のクレジットカードが用意されています。
そのため、同じクレジットカードでも職業や性別といった違いによって、比較すべき種類が異なることがあります。

例えば、JCBが発行する「JCBカードW」には、女性限定の「JCBカードW plus L」という種類が存在。
通常のJCBカードWと同じ性能に加え、女性限定のサービスが付帯しているため、女性ならこちらの種類の方がおすすめです。

他にも、以下のように楽天カード1つとっても色々な種類があるので、比較することが大切。

楽天カード 誰にでもおすすめのクレジットカード
楽天カードアカデミー 学生向けのクレジットカード
楽天PINKカード 女性におすすめのクレジットカード

それ以外には、以下のようなことで種類の違うクレジットカードが発行されています。

  • 交通系ICカードが付帯しているか種類どうか
  • 定期券を付帯できる種類かどうか

クレジットカード各社は、他社と差別化を図るために様々な種類を用意しています。
比較するのは大変かも知れませんが、自分に合った1枚を見つけるためにも、ぜひ考慮してみてください!

迷ったら年会費無料のクレジットカードを比較しよう!

ここまで、たくさんの比較すべき要素を紹介してきました。
しかし、クレジットカードを選ぶうえでは、他にも様々な比較すべきことがあります。

その比較すべき要素をザッと挙げてみると、以下の種類が挙げられます。

  • 年会費
  • 還元率
  • 旅行保険
  • 申請条件
  • 審査難易度
  • お得な特典
  • 利用限度額
  • キャッシングの有無
  • その他

これだけの種類を比較するのは、初心者だと大変ですよね。
最初からこれらを考慮してクレジットカードを探すのは難しいと思います。

そこで、まずは自分の利用用途を考え、どの性能が優れたクレジットカードが欲しいかを考えてみましょう。
そのうえで、最初は年会費無料のクレジットカードを作り、相性が合うかを試されることをおすすめします。

または、当サイトがおすすめするクレジットカードを比較してみるのも良いでしょう。
こちらで比較・厳選したクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください!

おすすめのクレジットカードを見る

タイトルとURLをコピーしました